北小金・南柏の痛くない歯医者さんなら

  医療法人社団 友正会

〒277-0066 千葉県柏市中新宿3-2-2
JR常磐線北小金駅よりバスで5分   JR常磐線南柏駅よりバスで5分

診療時間
午前10:00~午後1:00
午後 2:30~午後6:30

04-7196-6811

          お気軽にお問い合わせ下さい

第五話 すっぱいものを食べると虫歯になる?

第五回目は『すっぱいものを食べると虫歯になる?』についてご紹介します。

 

こんにちは!南柏・北小金の「クレイン歯科クリニック」です!

初夏になり、汗をかく機会が多くなると、レモンやフルーツ酢など、すっぱいけどさっぱりする物を飲みたくなりますよね!

酸っぱいもの甘いもの虫歯になりやすいのはどちら?

酸にはカルシウム分を溶かす力があります。

例えば、酢の中に卵を入れておくと・・・カルシウムで出来ている殻が溶け、ブヨブヨとした薄い膜だけになったり、他にもカルシウムが主成分の真珠などを酢に入れておくと溶けてしまったりします。このようにしてクレオパトラが真珠を溶かして飲んでいたのは有名な話ですね。

カルシウムを含む歯も例外ではなく、酸で溶けてしまいますが酸っぱいものを食べるのはほんのわずかな時間だけです。

ずっと口の中に酸を含んでいるわけではないので、歯が溶けたとしてもほんの少しだけ。そして、だ液には歯を回復させる力があるので、酸っぱいものを食べただけでは虫歯にはなりません。

では、甘いものはどうでしょう。虫歯菌は食べカスや甘いものをエサにして酸を出します。これは一瞬だけの出来事ではありません。甘いものは糖分も多く、歯にくっつきやすいので、唾液の回復力も追いつかないのです。

そのため、酸っぱいものより甘いものの方がむし歯の原因になりやすいといえます。

さあ、みなさんも、食べたらきれいに歯を磨きましょう!

柏市のクレイン歯科クリニックでは、3カ月に1回の定期検診の受診をおススメしています!

ご予約はこちらから

https://plus.dentamap.jp/netuser/?id=119

第六話 白ヒヨコに「歯」があるって本当?

第六回目は『ヒヨコに「歯」があるって本当?』についてご紹介します。

 

 

こんにちは!南柏・北小金の歯医者「クレイン歯科クリニック」です!

ヒヨコに歯がある!?って聞いてどう思われますか?

かたいくちばしを持つ鳥に歯はありません。もちろんニワトリも鳥ですから、くちばしはあっても歯は持っていないのです。

しかし・・・、なんとヒヨコは歯を持っているのです!

不思議なお話ですが、ふ化したばかりのヒヨコには、上のくちばしの先端に小さな突起があります。これは卵歯(らんし)あるいは破殻錘(はかくすい)と呼ばれていて、この突起が「ヒヨコの歯」の正体です。一般的に歯とは、口腔内にあるものですが、これは内側ではなく、外側についているのです。

ヒヨコはふ化するときに内側から卵の殻を割って出てきます。このとき、この歯が活躍するのです。卵歯を使って硬い殻を破ってヒヨコは外に出てきます。

卵歯は、ふ化後数日で取れてなくなってしまうので、見たことがある人、知っている人も少ないのではないでしょうか。

他にも同じように卵からかえる爬虫類が卵歯をもっています。

鳥の祖先はその昔歯を持っていたのですが、長い年月のなかで失われていきました。その過程で、何を食べて生活してきたのか、どういう環境下にいたのかで歯も変わっていったのですね。

生き物の仕組みは知れば知るほどおもしろいですね!

クレイン歯科クリニックでは、大切な歯を一生守れるように、3カ月に1回の定期検診の受診をおススメしています!

ご予約はコチラから

https://plus.dentamap.jp/netuser/?id=119

健康的な白い歯で、笑顔にも自信がもてますよ!

すてきな笑顔をゲットしましょう(^o^)/

お電話でのお問合せはこちら

04-7196-6811

診療時間

診療日
 
午前
午後

診療時間

午前10:00~午後 1:00
午後 2:30~午後 6:30

休診日

木曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

04-7196-6811

アクセス

04-7196-6811
住所

〒277-0066
千葉県柏市中新宿3-2-2

アクセス

JR常磐線北小金駅よりバスで5分
JR常磐線南柏駅よりバスで5分

医療法人社団 友正会グループ