北小金・南柏の痛くない歯医者さんなら

  医療法人社団 友正会

〒277-0066 千葉県柏市中新宿3-2-2
JR常磐線北小金駅よりバスで5分   JR常磐線南柏駅よりバスで5分

診療時間
午前10:00~午後1:00
午後 2:30~午後6:30

04-7196-6811

          お気軽にお問い合わせ下さい

第十三話 歯は鉄よりも硬い!?

第十三回目は『歯は鉄よりも硬い!?についてご紹介します。

 

こんにちは!北小金、南柏の歯医者 柏市のクレイン歯科クリニックです!

今回の豆知識は、「歯は鉄よりも硬い!?」です。

物の硬さを量る単位として、硬さを10段階で表した「モース硬度*」というものがあります。

*ひっかいたときの傷の付きにくさ

人間の歯をモース硬度で表すと「7」で、これは水晶とほぼ同じ硬さです。
正確にいうと…人間の歯の表面を覆っている「エナメル質」が硬く、人間の身体の中で
一番硬い組織といわれています。

この「エナメル質」の内側には、「象牙質」があります。

そして象牙質の内側には「歯髄」と呼ばれる神経や血管の多く通ったやわらかい組織があり、硬いエナメル質が神経や血管のある歯の内部を保護する構造になっています

 しかし・・・!                   

鉄が水や酸素にさらされると錆びてもろくなるのと同じように、人間の歯(エナメル質)も、しっかり手入れをしないと虫歯によって簡単に穴が開いてしまいます。

 

日ごろからしっかりとお口のお手入れをされていても、ご自宅でのケアには限界があります。

健康な歯を維持するには、定期的に歯科検診、プロフェッショナルケアを受けましょう!

<クレイン歯科クリニック 予防歯科>

http://www.crane-dent.com/preventative/index.html#Cont02

 

第十四話 歯ブラシの歴史

第十四回目は『歯ブラシの歴史』についてご紹介します。

 

こんにちは!北小金、南柏の歯医者 柏市のクレイン歯科クリニックです

 

さて、今回のマメ知識は、歯ブラシの歴史」です。

日本における歯ブラシの起源は、6世紀の仏教伝来からといわれています。

仏教とともに歯木が伝わり、僧侶らが使い始めました。

歯木は、木の枝の一端を歯で噛んで柔らかくしてから、その先端で歯をきれい

にしたそうです。その後平安時代に貴族、武士にも歯木が普及し、庶民の間に

広がったのは江戸時代からです。

歯木として使われていたのは柳の木で作られた「房楊枝(ふさようじ)」でした。

房楊枝は、「かわ柳などの小枝の先端を煮て鉄鎚で叩き、木綿針の櫛ですいて
木の繊維を柔らかい房状にしたもの」だそうです。

また柄の部分は、鋭利に削り、舌の汚れを落とす“舌こき”として使われていたといいます。
この房楊枝は明治時代まで使われ、その後、田部其外という人が、インド(当時のイギリス領)
から伝わった歯ブラシを真似て、クジラのヒゲと馬の毛を合わせて作ったのが現在の歯ブラシ
の始まりだといわれています。

公式に「歯ブラシ」という名称が使われたのは、1890年に開催された博覧会で、歯刷子(歯ブラシ)という
名前で出品していたそうです。その歯ブラシを出品したのが大阪盛業株式会社
その後の政府の後押しもあり、大阪や八尾市内の工場で歯ブラシ生産が始まり、現在でも大阪府が
歯ブラシ生産の日本一です。

普段使っている歯ブラシですが、その歴史って結構奥深いですね!
昔も今も虫歯になる前の予防が大事です。
毎日の歯磨きと歯科医院の定期健診を受けて健康な歯を維持しましょう!

 

<クレイン歯科lクリニック 予防歯科>

 http://www.crane-dent.com/preventative/index.html

098923

お電話でのお問合せはこちら

04-7196-6811

診療時間

診療日
 
午前
午後

診療時間

午前10:00~午後 1:00
午後 2:30~午後 6:30

休診日

木曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

04-7196-6811

アクセス

04-7196-6811
住所

〒277-0066
千葉県柏市中新宿3-2-2

アクセス

JR常磐線北小金駅よりバスで5分
JR常磐線南柏駅よりバスで5分

医療法人社団 友正会グループ