北小金・南柏の痛くない歯医者さんなら

  医療法人社団 友正会

〒277-0066 千葉県柏市中新宿3-2-2
JR常磐線北小金駅よりバスで5分   JR常磐線南柏駅よりバスで5分

診療時間
午前10:00~午後1:00
午後 2:30~午後6:30

04-7196-6811

          お気軽にお問い合わせ下さい

理事長紹介

理事長プロフィール

鶴田 正(つるた ただし)

資格
  • 歯科医師
  • 厚生労働省認定 歯科医師臨床研修指導歯科医師 
  • インビザラインドクター
経歴
  • 平成11年3月 日本大学歯学部卒業
  • 平成19年4月 クレイン歯科クリニック 開業
所属している学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本歯科医師会
  • 千葉県歯科医師会
  • 柏歯科医師会
  • 北海道形成歯科研究会
役職
  • 医療法人社団友正会 理事長
  • 日本大学歯学部付属歯科病院 口腔外科 非常勤

 

ごあいさつ

 

「多くの方のお口の中を長期にわたって健康に保つ。」

私たちクレイン歯科クリニックが皆様に提供したい医療です。

 

こんにちは、クレイン歯科クリニック院長の鶴田です。

どうして、私たちが「多く方のお口の中を長期にわたって健康に保つ」ことを提供したいのか、また、そのためにどのような取り組みをしているのかについて、これまでの私の経歴も踏まえてお話しさせていただきたいと思います。

 

私は、歯科医師になって15年以上が経ちました。

平成11年に「日本大学歯学部」を卒業して、そのまま同大学附属病院の口腔外科の医局に入局しました。そして、私は「切ったり縫ったりの外科処置が上手くなりたい」という一心で、親知らずの抜歯や、口の中の小手術をひたすらこなす日々を送っていました。

さらに、大学病院での診療だけではなく、開業医のクリニックで、1日中「親知らずの抜歯」だけを行うアルバイトや、「インプラント手術」だけを行うアルバイトをやっていました。

また、大学病院の口腔外科では困難な手術も行う環境なので、口腔がんの手術、顎骨を切除する手術、切除した後の再建手術、骨や皮膚の移植手術等の大きな手術にも関わり、担当している患者様が口腔がんでお亡くなりになるといった経験も何度かしたこともありました。

この時期は、「口腔外科」にどっぷりとつかって研鑽を積んでいたため、一般歯科治療にはほとんど興味を持っていませんでした。

 

医局に残って4年くらい経ったある日、当時の教授に研究をする事を勧められました。

教授曰く、「大学の医局に籍を置くことは臨床だけやればいいと言うものではない。研究と学生教育もやらなければいけない」とのことでした。

そして、もともと臨床が好きだったため、気は乗りませんでしたが、病理学教室で研究をすることになりました。

これを機に、口腔外科外来での処置の数が減り、実験をする時間が多くなりました。そして、口腔外科の臨床から少し離れ冷静に考えた時に、一般治療もやらないとという想いが生じ、一般治療のアルバイトに行くようになりました。

 

このアルバイトを経験する中で、開業医が行っている地域密着型の医療のやりがいを感じ、「一般治療が上手くなりたい」という気持ちが強くなってきました。

それから一般治療に携わる機会を増やすことで、ますます一般治療の奥深さや地域医療の意義を感じるようになり、ついに研究や大学病院を辞めて開業をしようと決意しました。

 

そして、平成19年にクレイン歯科クリニックを開業しました。その後、皆様の期待にこたえたいという気持ちで誠実に治療を行ってきたこともあり、紆余曲折はありましたが、お陰様で多くの患者様に来院していただけるようになり、歯科医師として充実した毎日を送らせていただきました。

 

しかし、ある時期から自分の中に、疑問や不全感を感じることが多くなりました。

それは、治療を完了させた患者様が数年経って「痛い」と言って久々に来院されて、口の中を診てみるとショックなことに以前と同じように悪くなっていたからです。このような方が少なかったら感じなかったかもしれませんが、多くの方が再び口の中が悪くなってしまっているのです。

 

確かに考えてみると大学での6年間は「どのようにして治療するか」がメインで「どのように口の中を健康に保つか」などとはほとんど習っていませんでした。また、開業する前はアルバイトが多かったため、治療を完了した患者様の「その後の口の中」、つまり1人の患者様のお口の中を長期にわたって診たことがなかったのです。

ですから、開業して初めて「治療しても、そのままにしておくと再び口の中は悪くなる」ということを目の当たりにしたのです。

 

そして、私は「治療しただけじゃダメなんだ」と痛感し、なんとかして、治療を完了したお口の中を健康な状態を保たせなければと思ったのです。つまり、「お口の中を長期にわたって健康に保つ」ことをしなければと考えたのです。そして、多くの患者様のお口の中を定期的に管理していこうと考えたのです

 

それからは、治療を完了した患者様には「3か月後にまた来て下さい」と定期検診を促すことをするようにしました。

しかし、意識が高い方には3か月後の来院をしていただけるのですが、ほとんどの方には3か月後の来院をしていただくことができませんでした。

それならと、3か月後に定期検診のお知らせのハガキを出してみたりしたのですが、あまり効果はありませんでした。

 

それから、どうしたら定期的に来院していただけるのかを常に考えていました。ある時、自分が歯科医師でなく患者だったら、「定期的に来院してほしいと言われただけで行くか?」また、「ハガキが届いたからって行くか?」と自分に問いました。答えはノーでした。理由はせっかく頑張って長期間通院して完治したのに、なぜ3か月後にまた行かなければならないのか、理由がわからないと思うはずだと考えたからです。

であれば、患者様に治療内容以外の「定期検診の重要性」や「歯周病」等の説明をもっと行って、知識を持ってもらうことが必要であると思いました。

 

そして、「定期検診の重要性」や「歯周病」等の知識を患者様に持ってもらうために、いろいろと治療内容以外の説明もするようにしました。しかし、私と他の歯科医師が治療を行って、さらにそれらも説明することはあまりにも時間がかかり過ぎてしまい、治療時間が短くなってしまったり、患者様によって説明をすることが出来たり出来なかったりバラつきが生じてきました。

 

そこで考えたのがコーディネーターです。コーディネーターとは患者様の悩みや相談をカウンセリングしたり、治療計画の説明をしたり、その他いろいろなことを説明する人です。現在、コーディネーターを取り入れてる歯科医院は有りますが、少ないようです。

そして、「治療とその日の治療説明を行うのは歯科医師」、「歯科医師が考えた治療計画の説明や使用する材料の説明、定期検診の重要性等の説明を行うのはコーディネーター」、「定期検診及びクリーニングを行うのは国家資格である歯科衛生士」という感じで役割分担をすることによって効率よく治療が進み、患者様にいろいろな歯科の知識を持ってもらうことが出来るのではと考え、当院では、コーディネーターを作り役割分担をして、診療を行うことにしました。

 

ですから、当院で治療を受ける際には「検査」や「説明」、「お話を聴かせていただくこと」など、以前にかかられていた歯科医院と比べて説明が多いと感じる方がいるかもしれませんが、「お口の中を長期にわたって健康に保つ」という目的のためなので、ぜひご理解とご協力をいただきたいと思います。

 

今のところは、「お口の中を長期にわたって健康に保つ」という目的のための取り組みはこれがベストと考えております。しかし、患者様に定期的に来院していただくための努力は惜しみませんし、今後も試行錯誤を重ねてベストな方法を考えるつもりです。

学会・論文等

 

  • ヒト口腔扁平上皮癌細胞株におけるプロスタノイド産生触媒酵素sPLA2-XとCOX-2の検出(2006年6月)
  • 上顎洞粘膜病変におけるcyclooxygenase-2発現の検討(2006年5月)
  • 口蓋に生じた壊死性唾液腺化生の1例(2004年12月)
  • マウス口腔粘膜遅延型過敏症におけるasialo GM1陽性細胞の役割(2004年6月)
  • 高強度ポリ-L-乳酸(PLLA)骨接合ミニプレート・スクリューシステムおよび口腔内アングルスクリュードライバーシステムの臨床使用経験(2002年5月)
  • Butyrate regulates prostanoid synthesis in colon and oral cancer cells(2005年10月)
  • 耳下腺鰓嚢胞の1例(2005年8月)
  • 口腔粘膜前癌病変におけるCOX-2および分泌型PLA2発現の検討―免疫組織化学およびin situ hydridization(2007年)
  • 保存的治療により下顎骨の連続性を保ち得たエナメル上皮腫の1例(2007年)
  • 左側下顎角部の透過性病変の1例(2006年)
  • Oral lichen planusにおける上皮細胞破壊とara-chidonic acid cascade(2005年)
  • 放射線性下顎骨骨髄炎の2症例(2005年)
  • 疣贅型黄色腫の8例(2005年)
  • トップリーグに所属する社会人ラグビーフットボールチームにおけるマウスガードのアンケート調査(2005年)
  • Plasma cell rich granulomaとアミロイド沈着をみた高齢者の下顎骨結核性病変の1例(2004年)
  • 口底扁平上皮癌の手術成績-舌癌, 下顎歯肉癌および上顎歯肉・硬口蓋癌との比較-(2004年)
  • 顎下腺近傍にみられた異所性唾石の1例(2004年)
  • 下顎骨に生じた軟骨肉腫の1例(2003年)
  • IFN-γ産生誘導因子IL-18遺伝子導入による扁平上皮癌における腫瘍増殖抑制効果(2003年)

お電話でのお問合せはこちら

04-7196-6811

診療時間

診療日
 
午前
午後

診療時間

午前10:00~午後 1:00
午後 2:30~午後 6:30

休診日

木曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

04-7196-6811

アクセス

04-7196-6811
住所

〒277-0066
千葉県柏市中新宿3-2-2

アクセス

JR常磐線北小金駅よりバスで5分
JR常磐線南柏駅よりバスで5分

医療法人社団 友正会グループ