「安い」前歯の部分矯正/目立たないマウスピース矯正|柏クレイン総合歯科|南柏駅徒歩3分の歯医者

〒277-0855 千葉県柏市南柏1−12−3

04-7186-6610

南柏徒歩3分/提携コインパーキングあり

  • メール相談
  • WEB予約

メイン画像

《大人の矯正》

目立たない
取り外し式の
マウスピース矯正

  • ・お口全体75万円
  • ・部分的35万円

上記以外の費用は掛かりません。
相談は無料です!

  • 目立たない
  • 取り外しが簡単
  • 痛みが少ない
  • 前歯の部分的な矯正にも対応
  • 来院回数が少なくて済む
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

※上記画像は、マウスピース装置で
歯並びを整えた症例となります。

《お子様の矯正》

歯並びは「」に治す時代になりました。

「ハリガネを付けることなく」
「人に知られずに」
「日常生活にも不便がない状態」で
歯並びを改善します。

費用:40万円~

大人の矯正

「透明なマウスピース型」の矯正装置

マウスピース

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを口にはめ、何度か新しいマウスピースに交換しながら徐々に歯を移動させる矯正治療方法です。
種類もいくつか存在しますが、当院ではマウスピース型矯正装置「インビザライン」というシステムを導入しています。

表側矯正や裏側矯正と異なり、装置が取り外し式で、目立ちにくいのが特徴的です。しかし、歯の移動量が大きいケース(抜歯を必要とするケース)ではマウスピース矯正単独では限界がある場合があり、そのような場合は一定期間、表側・裏側矯正を併用することもあります。

取り外し可能ですので、食べたい物が食べられ、食後の歯磨きや装置の洗浄も簡単に行うことができる反面、装置を装着する判断は患者様に一任されるため、装置を付ける時間が短く、つけない期間があった場合は、治療期間が長くなってしまうというデメリットも存在します。

メリット

  • 透明な装置なので「目立たない」
  • 取り外しが簡単にできる
  • 痛みが少ない
  • 一般のワイヤー矯正と比べ来院回数が少ない

デメリット

  • ワイヤーと異なり取り外しができるため、装着時間が短いと、治療期間が長くなる

マウスピース矯正はワイヤー矯正と比べ「来院回数」が少なくて済みます!

一般的なワイヤーを使った矯正治療は、矯正装置の調節のために1ヶ月に1回ほど通院するのが一般的です。

一方、マウスピース矯正は2~3ヶ月に1回の来院で矯正治療を進められます。

忙しくて頻繁に通院できないという方も治療を進めやすく、学生さんや社会人の方にも人気のある治療です。

マウスピース矯正を検討されている方へ

マウスピース矯正は、患者様のお口の状態をコンピューター解析し、複数のオリジナルマウスピースを用いて歯並びを移動させていきます。つまり、「コンピューター主導」になるため、これまでのような「ドクター主導」の治療ではありません。

院長

私はコンピューターを批判するつもりはありません
しかし、「コンピューターにすべてを頼り切る」つもりもありません

技術進化により、コンピューターの精度は非常に高くなっていますが、まだ十分ではありません。完成したマウスピースを確認すると、矯正学的に問題がある場合もあります。当院では問題があると判断した場合は、再度、設計し直し、問題がなくなるまで何度も再作製を繰り返します。この診査を誤ってしまうと、歯が動かないばかりか、余計に歯並びが悪化してしまうこともあります。

そのようなことを防ぐため、マウスピース矯正を開発したメーカーは、取扱いに関しての認定条件を定めています。当院の担当医はメーカーの「認定医」を取得しております。

お子様の矯正

ネオキャップ・ビムラー矯正とは……?

ネオキャップ・ビムラー矯正とは、「ネオキャップという取り外しのできない装置」と、「ビムラーという取り外しのできる装置」を併用し、歯の表面に矯正装置をつけずに最後まで歯並びを整える治療システムです。

ネオキャップ矯正

「ネオキャップ」は白いプラスチック製の被せ物です。

これを乳臼歯に装着することで、お口の中は広くなり、舌が動きやすい空間が生まれます。そうなると舌の筋肉と頬の筋肉が活性化し、歯並びが適切な位置に移動していくことになります。

「舌の筋肉と頬の筋肉が活性化されることでなんで歯が動くの?」と疑問に思われた方が多いかと思いますが、これには理由があります。歯は適当に生え並んでいくのではなく、「舌・頬・唇の筋肉」のバランスに合わせて並びます。

つまり、この口周りの筋肉のバランスが悪ければ歯並びは悪くなり、バランスが良ければ理想の位置に自然と並んでいくのです。 ネオキャップによりお口周りの筋肉が活性化する土壌を作り、後は「ビムラー」と呼ばれる装置を就寝時に装着し、夜寝ている時のつばを飲み込む動きを利用し、ゆっくりと歯を動かしていくことで綺麗な歯並びが実現します。

ネオキャップ・ビムラー矯正の特徴

ネオキャップ・ビムラー矯正は一般的に利用されている金属のワイヤーや歯の表面に付ける装置等を利用しませんので、患者さんには様々なメリットがあります。

またネオキャップ・ビムラー矯正独自の特徴もありますのでここでご紹介させて頂きます。

特徴 「」入れるだけの装置

矯正というと装置をお口の中に常に装着しなければならないイメージがありますが、この装置は夜の就寝時だけの装着で歯並びが改善します。そのため、外出中や学校にいる時は付けなくてもいいので、お友達と話したり笑う事もいつもどおり行えます。

特徴 「公式認定」された医院のみが施術できる

この装置は国際機能矯正臨床研究会(IFOCS)より公式認可を受けている歯科医院でしか取り扱いが出来ません。認可には厳格な診査があり、「認定医」の資格は毎年更新する必要があるため、常に質の高い技術を維持していますので安心です。

特徴 小さなお子様でも「痛みを抑えて」使用できる

この装置は歯に強制的な力を加えて歯を動かす治療ではありません。そのため、「痛み」を抑えることができます。

特徴 「抜歯」を前提としない

矯正治療をする際に「抜歯が必要です」と言われることが多いのですが、この装置は、従来法とは治療の考え方が根本的に異なりますので抜歯ありきの治療とはなりません。しかし、ケースによっては抜歯が必要な場合もあります。

特徴 歯だけでなく、「顎のバランス」も整える

この装置は上下の歯を一緒に治療していくことができるため、上顎と下顎をバランスよく治療することが可能です。そのため、顔貌(顔かたち)も整えることができます。いわゆる「カッコイイ顔」「綺麗な顔」を創造することが可能になります。

特徴 虫歯に「なりにくい

取り外しできる装置のため、一般の装置と比べお口のケアがしっかりとできますので、虫歯の心配も少なくなります。また、当院はむし歯を防ぐための「予防」にも力を入れておりますので、その点も安心です。

特徴 「後戻り」が少ない

「歯並びが悪くなる原因(お口周りの筋肉のバランスの悪さ)」を根本から取り除く治療となりますので、治療終了後の後戻りの可能性が低くなります。

ネオキャップ・ビムラー矯正の唯一の欠点

ネオキャップ・ビムラー矯正の唯一の欠点としてあげられるのが「装着しなければ治らない」ということです。

院長

当たり前のことですが、装着しなければ歯並びは改善しません。

この装置は基本的に「就寝中」に装着しますので、それほどお子さんの負担はない装置だと思いますが、やはり一定の努力と、親御さんの協力があって初めて効果が出る装置です。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

【電話での問い合わせ】

04-7186-6610

【医院の住所】

〒277-0855 千葉県柏市南柏1−12−3

このページの先頭に戻る